アクセスランキング
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国ゼロクーポン債(トレジャリー・ゼロ)の魅力 
2006.06.03.Sat / 09:45 
今回は前回紹介したゼロクーポン債について詳しく書きたいと思います。

ゼロクーポン債って何?と思われる方が多いと思いますので、簡単にご紹介すると、満期までの間、利息を受け取らない代わりに安く購入時でき満期になると満額を受け取れる米ドル建ての国債のことです。

例えば大和証券で販売している最長のゼロクーポン債(2030年5月満期)の場合、2,907ドルを購入し満期まで持っていると1万ドル(3.44倍)になるのです。
*大和証券ではトレジャリー・ゼロという名称で販売しています。

年平均だと毎年9.8%の利息がつく計算になります。

それでは、前回述べた国債の3つの問題について1つずつどのように解決しているか見てみます。

1つめの為替変動についてですが、現在の為替が約110円として、2030年満期の国債の場合はブレイクイーブン為替(これ以上円高になったら金利分を含めても赤字になるという損益分岐の為替のこと)が32円なのです。

さすがにここまで円高になったら日米共に大打撃なので、まずあり得ない状況だと思います。

私の計算だと仮に2030年に為替が1ドル60円になっていたとしても、年平均利回りは3.2%でかなりの高金利となります。

仮に円安になったら為替差益が出ることを考えてもとても魅力的な商品です。

2つめの20%の源泉徴収についてはゼロクーポン債では源泉徴収ではなく、総合課税の対象となります。

総合課税というと分かりにくいですが、サラリーマンの方だと今の給与にゼロクーポン債での利益を足して再度税金を計算し直すというものです(確定申告が必要になります)。

ゼロクーポン債の場合、満期まで持つと雑所得となり、上記のように給与と合算して再度税金を計算し直すことになります。

ただし、満期の1日でも前に売却すると譲渡所得となり、雑所得に比べて大きな税制上のメリットがあります。

それは、譲渡所得では得られた利益から50万円を引いた(控除)金額の半分を、総合課税として給与に合算して再度税金を計算し直せばよいのです(5年以上所有した場合)。

国債は株と同じようにいつでも売買できますので、満期前にどちらが有利になるか判断して売却すれば税金が安くなるのです。

3つめのある程度まとまった資金が必要であることについては、ゼロクーポン債の場合は1000ドル単位で購入出来ること、さらに、割り引かれた金額で販売しているので少ない資金で購入することができます

ゼロクーポン債のメリットについて述べてきましたが、以下のような使い方がお勧めです。

・退職後に満期になるようなゼロクーポン債を購入すれば、所得が低いので税率が低い時に課税できるため更に税金を減らすことができる。

・ある特定の年に満期になるように複数のゼロクーポン債を購入するのではなく、1年ずつずらして購入すれば毎年譲渡所得の特別控除を受けられ、半分のみ総合課税対象にすればよくなる。


定年後の年金の足しにしたり(特に60?64歳前は無年金状態になるので)にしたり、お子さんの高校や大学入学等の年に満期になるように毎年少しずつ購入する。

ゼロクーポン債は多くの証券会社で販売していますが、大和証券が一番種類が豊富ですので一度ご覧になってみてください。

もう少し詳しく知りたい方は「38万円を1万ドルに育てる方法」ごご参照ください。

♪♪記事が参考になったという方は応援お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
* スポンサーサイト米国ゼロクーポン債(トレジャリー・ゼロ)の魅力へのコメント *
管理人様

突然のメールで申し訳ありません。中原圭介と申します。

最近ブログを始めましたので、人気のあるFPのブログ回って、いろいろ参考にさせていただいております。

もしよろしければ、相互リンクのお願いはできますでしょうか?
一度拝見していただき、もしよろしければメールいただければありがたいです。

どうかよろしくお願いいたします。

ブログ名「中原圭介の資産運用塾」

ブログURL
http://blog.livedoor.jp/asset_station/

メールアドレス
asset_station@aries.livedoor.com

コメントありがとうございます
はじめまして!

リンク登録させて頂きましたのでこれからも宜しくお願い致します。

マネー天使さま

こんにちは、初めてお邪魔いたしました。

米国ゼロクーポン債、私も買っています。
ちょっと誤解があるかなと思ったのでコメントさせていただきます。

●税金
5年以内の中途売却でも、短期譲渡所得で50万円の非課税枠は使えます。5年以上で売却なら、50万円控除した上金額の半分が課税されるので、さらに有利です。(多分。。)

●満期は2030年のみでもOKだと思います
購入の時期をずらすことも、満期をずらす必要もなく、売却を利益50万円以内になるように分けたほうがいいですよね。

●私も大和証券なのですが
実は、管理料金がかからない証券会社を発見。詳しくは私のブログの「外国債券」を覗いてみてください。

ごめんなさい、頑張っておられるようなので、つい足跡をのこしてしまいました。

コメントありがとうございます
江原さん

はじめまして!
ご指摘ありがとうございます。

長文が苦手なもので書いているうちにはしょってしまったようです。
(反省・・)

譲渡所得は確かに5年以内でも50万円の非課税枠がありますね。

また、「●満期は2030年のみでもOKだと思います」につきましては1万ドル程度投資することを念頭に書いていたせいで満期を分散した方がいいという記述となりました。

仰るとおりもう少し小さな投資単位の場合には満期年をあわせても税制上のメリットは変わらないですね。

また、大和証券は確かに管理料が3,150円/年かかるのが気がかりでしたが無料の証券会社(三菱UFJ證券)があったとは参考になりました。

これからブログを拝見させて頂き私のブログの記事の参考にさせて頂きたいと思います。

マネー天使さま

早速お返事ありがとうございました。そっか、税金のこと了解しておられたのですね。失礼しました。

ごめんなさい、しつこいようですが、1万ドル投資するにしても1000ドル単位で売却できるはずなので、満期は同じでも、売却時期を分ければいいはず(利益50万以内になるように分かる)・・・、と思っているのです。

それはさておき、2030年満期のゼロクーポン債の金利を単利で計算したのは、斬新でした。10%近くなるんですね~。びっくり。

では、では失礼致しました。



知りませんでした・・
>1万ドル投資するにしても1000ドル単位で売却できるはずなの>で、満期は同じでも、売却時期を分ければいいはず(利益50万>以内になるように分かる)・・・、と思っているのです。
 →知りませんでした・・・。
   1000ドル単位で売却出来るのであれば税金のことを考え
   ながら部分的に売却出来そうですね。

   情報ありがとうございます。

   非公開コメント  
* スポンサーサイト米国ゼロクーポン債(トレジャリー・ゼロ)の魅力へのトラックバック *
スポンサーサイト米国ゼロクーポン債(トレジャリー・ゼロ)の魅力のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マネー天使

Author:マネー天使
当サイトはお金に関するちょっと得する情報を掲載しています。
マイホーム購入、教育資金、保険、年金等々これからお金に関しては情報を得た人が勝つ時代です。
当サイトの情報を有効に活用してサラリーマンのお父

人気blogランキングへ

最近のトラックバック

資産運用 お勧め書籍

FX お勧め書籍

住宅購入 お勧め書籍

株式投資 お勧め書籍

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 金持ち父さんになるために(サラリーマンでもできる資産形成・資産運用) All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。