アクセスランキング
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年06月の記事一覧
≪05month
This 2006.06 Month All
07month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国の借金827兆円 
2006.06.24.Sat / 00:20 
Yahoo!ニュースに「国の借金827兆円=国民1人648万円?05年度末」という記事が掲載されていました。

以下全文を掲載します。

財務省が23日発表した2005年度末の国債、借入金、政府短期証券の合計残高(国の借金)は827兆4805億円と前年度末比45兆9288億円増え、過去最高を更新した。総務省の推計人口(1億2778万人)で割ると、赤ちゃんを含め国民1人約647万6000円の借金を負っている計算になる。

我が家は3人家族なので約1,941万円もの借金を背負っていることになります。

今後ますます国の借金が増えていくことを考えると、将来の年金はもらえるかどうかも怪しいところです。

これからは今以上に資産形成・資産運用についての知識をしっかり身につけ自己防衛できるようにしておくことが必要になってきます。

私は今後更に少子高齢化が進み借金も増え続けていくことを考えると、長期で見て日本の国力が落ちる→円安になると考えているので、今から外貨へ資産をシフトしています。

♪♪記事が面白かったという方は投票お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
* テーマ:NEWS! - ジャンル:株式・投資・マネー *
投資信託 
2006.06.22.Thu / 00:17 
資産運用といったらまず株への投資を思いつく人が多いと思います。

株は非常に優れた投資ですが通常10万円以上の資金が必要になります。

また、1銘柄に資金を集中させるとうまくいった時のリターンも大きいですが、業績不振などで下げた場合のリスクが大きくなります。

そのため、株式投資では一般的に異なる値動きをする銘柄を購入したり、投資対象を日本、海外等に分散する方がよいと言われています。
銘柄、投資対象国の分散

更に投資対象が株だけだと株式不況の場合に一斉に下げてしまうため、債券や不動産等へも資産配分した方がよいといわれています。
投資商品(対象)の分散

ただし、個人で国内の株や債券、不動産、海外の株、債券、不動産等を買うことは現実に難しい上に、どの商品を買ってよいのか判断に苦しむと思います。

こういう方におすすめなのが投資信託(ファンド)と言われる様々な投資対象にたいしてプロが運用してくれる商品です。

日本国内で販売している投資信託は数千種類もあり、様々なテーマから選択することができます。

例えば、日本国内の株に投資するものでも成長型企業に投資するものや、割安株への投資、IT関連企業への投資など何種類もありますし、投資対象も日本のみ、アメリカのみ、アジアのみ、全世界と様々です。

また、全世界の株、債券等に投資するものまであるので、これ一本でリスクヘッジのための分散(投資対象、対象国)投資ができてしまいます。

こう書いてみると投資信託は万能のように思えてきますが、何点か注意すべき点があります。

?数千種類の中から投資したい商品を選ぶことが難しい
?プロに運用を任せるのでその手数料が非常に高い


?については似たような商品が多いことや、アクティブ運用(高いリターンを求めて積極的に運用)の商品だと運用するプロ(ファンドマネージャー)の力量を見極めるのが非常に難しいので、そう簡単に自分にあった商品を選ぶことはできません。

?については人気がある投資信託の場合は購入時に3%の「販売手数料」がかかり、購入後は「信託報酬」が年率0.5%?1.5%程度売却するまでかかります。
また、全世界の株式、債権に投資するものはそれだけ運用コストがかかるので信託報酬が高めに設定されています。
これだけ手数料を取られてもTOPIXより成績が悪かったなんてことがあるので要注意です。

では投資信託をどのように使うのがいいのかと言うことになりますが、私は以下のような利用方法がベストだと考えています。

?販売手数料無料(ノーロード型と呼ばれる)インデックス型の投資信託を購入する。
?購入に際しては一度にまとめて購入するのではなく、毎月一定額を購入する


?については余程気に入った投資信託があれば別ですが、まずは日本国内のTOPIXに連動するタイプの手数料無料の投資信託をお勧めします。

?についてはドルコスト平均法という投資方法で、以下のような特徴があります。

ドルコスト平均法とは?

定期的に同じ金額だけ購入してゆくと、購入する商品の基準価額が高い時には少しだけ、基準価額が安い時にはより多く購入することになり、平均買付けコストを引き下げる効果がある。
投資時期の分散

?、?よりまずは日本株の投資信託を毎月一定額購入することから始めてみてはいかがでしょうか?(大抵の証券会社で投資信託の積立サービスをやっています。)

慣れたら日本株以外に海外の株式のインデックス型を購入したり、債券型や不動産型を購入したらよいと思います。

最終的にどのような割合(ポートフォリオ)で投資信託を所有するかは皆さんの考え(積極運用したい人は株を多め、安定運用したい人は債券を多め 等)次第ですが、上記で書いたリスク分散(投資対象国、投資商品、投資時期)を考慮に入れて投資を行うことで安定した資産形成ができるようになります。

♪♪記事が面白かったという方は投票お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
株主優待を使おう! 
2006.06.17.Sat / 22:10 
皆さんは株式投資をやっていますか?

私も自分の小遣いの範囲で6年位前から株式投資をやっていますが全然勝てません。

大した金額を投資している訳ではないので、家計に影響はありませんが、最近は値上がり益を期待せずに利回りを考えて投資しています。

ご存じだと思います株は値上がり益を狙わなくても持っているだけで配当金が受け取れたり、株主優待を受けられたりするメリットがあります。

配当金に関してはかなりの金額を投資しないと年間数千円?一万円程度ですが、株主優待では利回りが5%以上の優待を受けられる株が結構あるんです。

以前何度か株主優待券でおいしい食事をタダで食べたのですが、株主優待を使うとこういったプチ贅沢ができて結構嬉しいんです。

株主優待用に100万円位を確保すれば、株主優待で年に数回おいしい外食をしたり、海産物ギフトをもらったり、映画を見たり、子供と遊んだりできます。
*株主優待はYahoo!オークション等で活発に売買されていますので、それを使えばお金に換えることもできます。

今私が注目している比較的低資金で購入出来る株をご紹介します。

どれも、何年か持っているだけで株主優待で得られる利益が投資金額を超えるものばかりですので、株価の上下を気にせず長期に保有したい株ばかりですよ。

■食事券・ギフト
・銘柄名:タスコシステム(「とり鉄」、「高田屋」などで使える)
・優待に必要な金額:81,100円
・優待内容:年間10,000円相当の優待券または相当の優待品(食品)

・銘柄名:コロワイド(居酒屋甘太郎などで使える)
・優待に必要な金額:386,000円
・優待内容:年間40,000円相当の優待券または相当の優待品(食品)

・銘柄名:プライム・リンク(焼き肉屋 牛角で使える)
・優待に必要な金額:204,000円
・優待内容:年間15,000円相当の優待券または相当の優待品(食品)

■映画が見れる
・銘柄名:USEN
・優待に必要な金額:17,490円
・優待内容:ギャガ・コミュニケーションズ配給の映画作品試写会に年2回ご招待

■割引券
・銘柄名:愛眼
・優待に必要な金額:96,500円
・優待内容:メガネ(フレーム+レンズ)50%割引券一律2枚

*優待に必要な金額は2006/06/17時点の価格です。

■株主優待に関する情報はこちらで探すことができます。
株主優待Life
Yahoo!ファイナンス - 株主優待情報

♪♪記事が面白かったという方は投票お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
FX(外国為替証拠金取引)シュミレーション結果 
2006.06.13.Tue / 00:20 
FX(為替保証金取引)の投資としての有効性を検証するために以下のシュミレーションをやってみました。

・通貨:NZドル/JPN
・スワップ:132円/日(1万NZドルあたり)
・条件および仮定
 ・NZドルは毎年5%ずつ値下がりする(円高になる)と仮定
 ・スワップは変わらないと仮定
 ・レバレッジを1倍とする
 ・ロング(買い)とする
 ・期間は20年

毎年5%ずつ値下がりしたとしたらかなりの損が出ると思っていましたが、20年後の利回りは約70%となり、年平均利回りは3.5%という結果となりました。

このシュミレーションでは毎年5%ずつ下がっていくため年が進むほど値下がりは緩やかになるが、スワップは毎年変わらず同じ金額だけつくので、年が進むほど毎年の利益が増えることになります。

まあ、こんなに機械的にいくことは実際にはないと思われますが、毎年5%ずつ下がった場合の20年後のNZドルは26円なのです。

さすがに26円までNZドルが下がることはないと思われますが、仮に1年目に26円まで下がってそれが20年後まで続いたとしても20年後の利回りは約70%と変わりません

これはレバレッジ1倍だからできる(レバレッジ1倍の時は強制ロスカットが無い)のですが、FXは外貨預金では信じられない利回りを得ることができる証拠となります。
*NZドルを外貨預金で1万ドル購入し毎年5%の金利が複利でつくと仮定して毎年5%ずつ値下がりしたときに20年後にどうなっているかシュミレーションしてみましたが、手数料を考慮しなくてもマイナスとなっています(往復の手数料を入れたら大幅なマイナス)。

レバレッジ1倍だと資金がない人は外貨をあまり買えないため得られる利益が減ってしまいますので、レバレッジを2?3倍にして運用し最初のうちに急激な値下がり(円高)が起きた場合は追加の資金を入れ堪え忍び、数年経ってスワップが増えてきたタイミングで(追加した)資金を引き揚げるようにすれば、少ない資金を効率的に運用することできます

レバレッジを5倍以上にするとスワップがまだ少ない時に急激な円高となった場合に追加するお金が多く必要となるため、3倍以下に抑えておいた方がよいと思います。


FXに興味を持たれた方はいきなり初めるよりも、無料でできる仮想トレードがありますので、それを使ってFXの仕組みや魅力を体験してみてください。

■仮想トレード(無料)
 ・FX Online FX Miniキャンペーン お勧め:★★★★★
  無料トレード参加で豪華賞品が当たる!
 ・バーチャルFX お勧め:★★★★

仮想トレードを卒業された方は下記で取引会社の比較、資料請求ができます。

■FX取引会社比較
 ・外為会社50社比較
 *手数料・サービス・機能・情報等で比較ができます。

♪♪記事が面白かったという方は投票お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

40代男性の小遣いは月々37,900円 
2006.06.10.Sat / 13:31 
最新の調査(FujiSankei Business i.)によると、40代男性の毎月の小遣いは平均3万7900円で30代男性の平均5万400円よりもかなり低くなっています。

昨年は6,000円程度の差だったのが今年1万2000円以上にひらいたのは、30代男性はネットでの株取引等の副業で稼いだお金が多かったからだそうです。

ネットを使った副業はやはり若い世代の方が取り組みやすいようです。

悲惨なのは妻が専業主婦の場合、昼食代がかけそばどころか、ハンバーガーさえも食べれられない「100円未満」に抑える方が16・6%もいるそうです。

昼飯代が100円未満というのは寂しい限りですね。

住宅ローンや子供の教育費等が重なって、お父さんのお小遣いに回す余裕がなくなっているんでしょう。

お金がない=不幸 とは言えないないと思いますが、お金がある=幸せになる確率が高い ことは言えると思いますので、若いうちから将来のことを考えて資産形成・運用に取り組みたいものです。

♪♪記事が面白かったという方は投票お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking



* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
マンションを購入して後悔しないために 
2006.06.07.Wed / 21:49 
さて今回は住宅の購入(マンション購入の場合)について書きたいと思います。

住宅を買った方がいいのか、借りた方がいいのかについてはそれぞれメリット・デメリットがありますので一概には言えませんが、買う方に特に気をつけて頂きたいのは、買った後でもかなりお金がかかるので、持ち家は家賃がかからないから得だということは忘れた方が良いと思います。

買った後にかかるお金といえば、マンションであれば管理費、修繕積立金、固定資産税があげられます。

マンションの評価額にもよりますが、年間40?50万の出費は覚悟しておいた方が良いと思います。

また、購入前には必ず長期修繕計画を見せてもらえると思いますが、修繕積立金も5年位したら値上がりし、また、5年、10年ごとに一時金として数十万から100万程度払払う必要があります。
(マンション販売会社も売りたいわけですから最初は修繕積立金を安く設定しておいて、後で値上げするということをどこでもやっているようです。)

更にマンションを購入するとすぐに資産価値が下がります。

デフレというより都心部ではすでに供給過剰になっているからだと私は思っていますので、今後もじりじりと下がり続けると思っています。

マンション購入に関して否定的な話が多いですが、「家賃払うんだったらローン返済した方が後で資産が残るから得だよ!安いから取り敢えず買っちゃう?」という安易な発想は絶対に止めた方が良いと思います。

後でローンが苦しくなってやむを得ず売ろうとしたら、売却金額<ローン残高となり、借金だけが残るという最悪の結果になる可能性があります。

では、どういう方がマンション購入に向いているかというと、次にあげるタイプの人だと思います。
(マンション購入に向いている人というのは買った後も後悔しない人という意味です。)

?ある程度購入資金を持っている方(物件価格の25%以上)
?ローン返済額が可処分所得(年収?税金・社会保険料)の20%以下の方
?上記で書いた事(買った後もお金がかかる、資産価値が下がる)を理解している方
?マンション購入を精神的な安らぎ・安心感を得るためのものと考えられる方


?、?についてはローン返済に困らないためのある程度余裕を持った基準で、?は前半で述べたとおり、?はマンションを買って得をするという考えを持っていないこと という意味であげさせて頂きました。

我が家の場合は?、?はクリアしていましたが、?は購入を決めた後に不動産会社から教えてもらいました。

?については私は賃貸派、妻は購入派と意見の相違がありましたが、買うと決めた当時に色々不幸が重なり妻が落ち込んでいた時に、マンションを買いたいと妻が珍しく嬉しそうに話していたので私の意見を引っ込めました(今は後悔していません)。

(偉そうに書いておきながら・・・)こういう状況でしたので、我が家の場合はあまり当てはまらないかもしれません。

♪♪記事が参考になったという方は投票お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking



* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
マンション購入のためのお金のため方 
2006.06.05.Mon / 22:17 
今回はマンション購入に際してのお金のため方について書きたいと思います。

ため方としては色々あると思います。

本ブログでお金を貯める方法としてご紹介した一般財形もいいと思いますが、数年後にはマンションを買うぞ!と思っている方は、住宅財形貯蓄をお勧めします。
(本当は住宅債券つみたてくんもお勧めしたかったのですが、住宅金融公庫廃止に伴いサービスが廃止になってしまいました。)

住宅財形貯蓄のおさらいですが、財形制度に加入している会社に勤めている方であれば誰でも利用でき、住宅購入や新築、増改築等に利用するのであれば550万円までが非課税扱いとなります。
(住宅購入等の用途以外で解約すると5年前までさかのぼり20%の税金が徴収されます。)

また、以下のような特徴があります。

?積み立てた金額に対して勤務先から財形給付金が支給される。
?低利で最高4,000万円までの低利の住宅資金の融資が受けられる。

?については会社によって給付額が異なりますが、私が勤めている会社では年間に積み立てた金額の5%(住宅財形は上限5万円)が支給されています。

?については住宅財形融資が年2.08%(5年間のみ固定でそれ以降は変動金利、H18年4月現在)で融資が受けられます。

以前私が強調した引き出しにくいという点も住宅購入のための貯蓄としてはお勧め出来るポイントです。

住宅財形貯蓄やその他の貯蓄をあわせて、購入費の最低25%以上貯まったら購入するようにすれば、ローン返済に困ることはないと思われます。

♪♪記事が面白かったという方は投票お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking



* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
米国ゼロクーポン債(トレジャリー・ゼロ)の魅力 
2006.06.03.Sat / 09:45 
今回は前回紹介したゼロクーポン債について詳しく書きたいと思います。

ゼロクーポン債って何?と思われる方が多いと思いますので、簡単にご紹介すると、満期までの間、利息を受け取らない代わりに安く購入時でき満期になると満額を受け取れる米ドル建ての国債のことです。

例えば大和証券で販売している最長のゼロクーポン債(2030年5月満期)の場合、2,907ドルを購入し満期まで持っていると1万ドル(3.44倍)になるのです。
*大和証券ではトレジャリー・ゼロという名称で販売しています。

年平均だと毎年9.8%の利息がつく計算になります。

それでは、前回述べた国債の3つの問題について1つずつどのように解決しているか見てみます。

1つめの為替変動についてですが、現在の為替が約110円として、2030年満期の国債の場合はブレイクイーブン為替(これ以上円高になったら金利分を含めても赤字になるという損益分岐の為替のこと)が32円なのです。

さすがにここまで円高になったら日米共に大打撃なので、まずあり得ない状況だと思います。

私の計算だと仮に2030年に為替が1ドル60円になっていたとしても、年平均利回りは3.2%でかなりの高金利となります。

仮に円安になったら為替差益が出ることを考えてもとても魅力的な商品です。

2つめの20%の源泉徴収についてはゼロクーポン債では源泉徴収ではなく、総合課税の対象となります。

総合課税というと分かりにくいですが、サラリーマンの方だと今の給与にゼロクーポン債での利益を足して再度税金を計算し直すというものです(確定申告が必要になります)。

ゼロクーポン債の場合、満期まで持つと雑所得となり、上記のように給与と合算して再度税金を計算し直すことになります。

ただし、満期の1日でも前に売却すると譲渡所得となり、雑所得に比べて大きな税制上のメリットがあります。

それは、譲渡所得では得られた利益から50万円を引いた(控除)金額の半分を、総合課税として給与に合算して再度税金を計算し直せばよいのです(5年以上所有した場合)。

国債は株と同じようにいつでも売買できますので、満期前にどちらが有利になるか判断して売却すれば税金が安くなるのです。

3つめのある程度まとまった資金が必要であることについては、ゼロクーポン債の場合は1000ドル単位で購入出来ること、さらに、割り引かれた金額で販売しているので少ない資金で購入することができます

ゼロクーポン債のメリットについて述べてきましたが、以下のような使い方がお勧めです。

・退職後に満期になるようなゼロクーポン債を購入すれば、所得が低いので税率が低い時に課税できるため更に税金を減らすことができる。

・ある特定の年に満期になるように複数のゼロクーポン債を購入するのではなく、1年ずつずらして購入すれば毎年譲渡所得の特別控除を受けられ、半分のみ総合課税対象にすればよくなる。


定年後の年金の足しにしたり(特に60?64歳前は無年金状態になるので)にしたり、お子さんの高校や大学入学等の年に満期になるように毎年少しずつ購入する。

ゼロクーポン債は多くの証券会社で販売していますが、大和証券が一番種類が豊富ですので一度ご覧になってみてください。

もう少し詳しく知りたい方は「38万円を1万ドルに育てる方法」ごご参照ください。

♪♪記事が参考になったという方は応援お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
国債ってこんなに魅力的だったとは・・ 
2006.06.01.Thu / 00:02 
皆さん国債についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

金利が安い、期間が長い、分かりにくい、よく知らない 等々 あまり良いイメージはないと思います。

私も資産運用として国債を考えたことはありませんでした。

最近色々調べていると、国債といっても日本以外に米国やユーロ、イギリス等の外国の国債も購入することができ、日本国際に比べて比較にならないほど金利が高い事がわかりました。

その中でも特にお勧めなのが米国国債です。

大和証券の外貨建て国債で調べてみると、一番長い2014年11月に満期になる国債の利回りはなんと4.926%(年2複利)にもなるんです。

日本国債の金利が10年で1%未満な事を考えると外国の金利がいかに高いかお分かり頂けると思います。

これで資産運用しようと思うかたもいらっしゃると思いますが、私は3つ問題があると思っています。

?米ドルで国債を購入するため、為替変動があるということ。
せっかく高金利で運用出来たとしても、為替が円高になったら差損が発生し、最悪元本割れを起こす可能性があります。

?利息に対して20%も源泉徴収されてしまうこと。
これは、毎年税金が源泉徴収されるのではなく、解約時に徴収されるため税の繰り延べ効果が働くので、一概に問題とは言えませんが、税金は納めないに越したことはないです。

?ある程度まとまった資金が必要であること
これは、1,000ドルから購入できるのでまとまった資金が無くても購入はできますが、金利が高いのである程度まとまったお金(100万位)が無いと余りメリットが乏しいと思われます。

さて、この3つの問題を解決した国債があると言ったら信じてもらえますか?

解決したというと語弊がありますが、長期の資産運用として捉えるならばほぼ解決していると思われます。

その国債とは「割引国債(ストリップ債)」と呼ばれるものです。

証券会社によっては「米国国債(ゼロクーポン債) 」と呼ばれています。
*大和証券ではトレジャリー・ゼロという名称で販売しています。

少し長くなるので続きは次回とさせて頂きます。

♪♪記事が参考になったという方は応援お願い致します。m(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
| BLOG TOP |

プロフィール

マネー天使

Author:マネー天使
当サイトはお金に関するちょっと得する情報を掲載しています。
マイホーム購入、教育資金、保険、年金等々これからお金に関しては情報を得た人が勝つ時代です。
当サイトの情報を有効に活用してサラリーマンのお父

人気blogランキングへ

最近のトラックバック

資産運用 お勧め書籍

FX お勧め書籍

住宅購入 お勧め書籍

株式投資 お勧め書籍

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 金持ち父さんになるために(サラリーマンでもできる資産形成・資産運用) All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。