アクセスランキング
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
保険 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保険の見直し-既婚者妻子持ちの場合 
2006.05.21.Sun / 23:48 
前回は独身のサラリーマンが必要な保険について書きましたが、今回は次に結婚されて小さなお子さんがいる家庭についての保険をご紹介したいと思います。

医療保険については独身の場合と余り変わらないので割愛し、死亡保険についてご説明します。

結婚されていてお子さんがいる方が良く考えるのが、自分が死んだら妻と子供が路頭に迷うから、保険金を沢山かけておかないといけないという誤解です。

確かにたくさんお金を残してあげられればいいですが、そのために今の生活を犠牲にして意味があるのでしょうか?

それよりも今の生活をエンジョイして、死亡というリスクのために最低限必要なお金を遺族に残すと考えた方が合理的だと私は思います。(遺族に残してあげられるのはお金だけじゃないですからね。)

さて、誤解の1つ目ですが案外「遺族年金」という制度を知らない方が多いのです。

遺族年金」とは、国民年金または厚生年金(共済年金)に加入している人が死亡した場合、お子さんが18歳になるまで毎年保険金が支払われるのです。

少し計算が複雑なので詳細はこちらを参照頂きたいのですが、一番少ない国民年金加入者でも毎年100万円以上は支払われるのです。
*厚生年金(共済年金)は上記にプラスして遺族厚生(共済)年金が上乗せされます。

誤解の2つ目が妻の生活費まで全て保険でまかなおうと思っている事です。

奥さんが高齢ならともかく、小さなお子さんがいる20代後半?30代後半であれば、万が一ご主人が亡くなっても働くことができますし、再婚することも考えられます。

本来万が一死亡した時に必要な保険金は以下の計算式になるはずですが、大抵の保険のおばちゃんは上記2点を考慮せずに、「6,000万円程度の保険には入っておいた方がいいですよ!」なんてことを平気で言います。

ちゃんと計算するのであれば、ご自身が亡くなった後の以下を計算すれば必要額は算出出来ます。

■出て行くお金
・お子さんが成人するまでの生活費、教育費の総額
・奥さんが働く、または再婚するまでの生活費、固定費(車の維持費、固定資産税等)
*住宅ローンの場合は通常死亡時に保険で全額返済されるので、ローン返済はそこで終わるので考えなくても良いです。
また、奥さんが再婚する場合にはお子さんの教育費等は不要と思われますが、再婚するか分からないので父親の責任としてこれくらいは残してあげたいところです。


■入ってくるお金
・遺族年金
・祖父母等の援助
 これについては余り乗り気がしない方もいると思いますが、万が一の時には頼った方がよいです。
・預貯金

上記の「出ていくお金」?「入ってくるお金」のマイナス分が必要な死亡保険の額になります。

お子さん1人の場合で2,000万円前後、2人の場合でも3,000万円前後ではないかと思います。

こうやってドライに考えると「家族を愛していないんじゃないか!」と思われる人がいるかもしれませんが、あくまで万が一の場合のことなので、先程書いた通り今の生活を犠牲にするよりは、浮いたお金で今の生活を有意義に過ごした方がいいと私は考えています。

さて、死亡保険に加入するとして、加入する保険は掛け捨ての定期保険がお勧めです。

死んだら必ずもらえる終身死亡保険は利率が低いので、資産形成のためには余りお勧め出来ません。

掛け捨ての定期保険(死亡保障2,000万円)であれば10年加入で30代であれば4,000円程度で入れる保険が沢山あります。

このようにして保険を見直すことで簡単に月数万円のお金が節約出来ますので、それを(強制積立で引き出しにくい)貯蓄に回すか、今後ご紹介する商品で運用すれば5年後にはかなりの資産が残っているはずです。

次回は資産運用に役立つ商品をご紹介します。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
保険の見直し-独身サラリーマンの場合 
2006.05.19.Fri / 22:15 
前回は保険の見直しの必要性について書きましたが、今回は独身のサラリーマンが必要な保険について書きたいと思います。

まず、独身サラリーマンにとって必要な保険はなんでしょうか?

必要な保険=想定されるリスクを回避するためのものと考えると、けが・病気と死亡があげられると思います。

それ以外にも失業などがありますが、これには失業手当もありますし、私としては独身なんですから保険には頼らず、自力で再就職してくださいと言いたいので、失業保険は割愛します。

死亡に対する保険としては「死亡保険」、けが・病気のリスクに対する備えとしては「医療保険」があります。

それぞれ必要な補償額は死亡保険 100?300万円程度、医療保険 5,000円/日程度です。

死亡保険が少ないな?と思われる方もいると思いますが、

独身者が仮に死亡したとして必要になるのは葬式代程度です。

ご両親・ご兄弟などの生活の面倒を見ている場合を除いて誰かに本当にお金を残す必要があるかよく考えてみてください。

答えはノーです。

せめてご両親への愛情の証として葬式代程度(100?300万程度)は残しておいて欲しいものです。


次に医療保険ですが入院日額ですが、なぜ5,000円程度で良いかというと、理由は3点あります。

?高額療養費制度があるため、1ヵ月間に支払う自己負担額の総額は上限が決められている。

通常72,300円程度が上限となりこれを超える部分については後で還付されるのです(差額ベット代や食事代、保険適用外治療は除く)。

?勤務先で手当が出る場合がある

勤めている会社によりますが、入院時に休業手当、差額ベット代補填等がある場合があります。

?高額療養費制度より自己負担額が低い場合がある
これも加入している会社の健康保険組合によるのですが、72,300円程度の自己負担上限を下げていることがありますので、その場合には自己負担金が更に減る場合があります。

そのため、サラリーマンで必要な医療保険はせいぜい5,000円程度というのが、ファイナンシャルプランナーの間でも一般的になっています。

それではどういった保険がいいのかというと、大手生保の保険でなくても都民共済、全労済、国民共済、県民共済等で充分です。

都民共済を例に見ると2,000円/月で入院日額5,000円病気死亡時340万円(事故死亡時500万円)が支払われるので独身サラリーマンはこの程度に加入していれば全く問題ないです。
*共済の場合、期末に剰余金があれば返金される制度があり、平成16年度で保険料の約35%が後で戻ってきていますので、更に安くなります。

独身サラリーマンは必要最低限の保険に加入し保険代を安くして、浮いたお金を今後必要になる結婚資金などのために貯めておくという考え方が賢い選択だと思われます。

次回は結婚されて小さなお子さんがいる家庭についての保険見直しについて書きたいと思います。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
保険の誤解 あなたにあった保険とは? 
2006.05.17.Wed / 23:04 
今回は保険についてのお話です。

保険は居住費とならび人生の大きな出費のひとつだそうです。

保険を賢く利用することで今後の資産運用に大きな違いが出てきますので、うまく利用したいものです。

保険といっても死亡保険、医療保険、年金保険、損害保険、自動車保険等々沢山ありますが、今日は多くの方が加入している死亡保険、医療保険について賢い選択方法をご紹介したいと思います。

多くの方が生保のおばちゃん・お姉さんから進めるがままに保険に加入していないでしょうか?

そういう方はまず保険証書をみて自分の加入している保険の内容を一度よく読んでみてください。

またよくあるのが、「保険は死んだら確実にもらえるから」とか「満期まで持っていれば増えるから資産運用になるんだよ」という言葉をよく聞きますが、保険をちゃんと理解しているのか首をかしげたくなります。

保険とは本来資産運用の手段ではなく、万が一のリスクを回避するために使うものなのです。

そのため一部の人のみが得をし大半の人が損をするようにできているので、保険とは損をすることに意味があるということを理解して頂きたいと思います。

損をする=健康である、得をする=死亡する、病気になる ということを意味しているので、損をした方が結果として得をしたことになるのです。

保険会社もそれでは売れないので、様々なメリットを強調していますが、それは保険会社の口車に乗せられているだけです。

よくあるのが死亡保険なのに特約で定期保険、医療保険等沢山つけておいて「この商品はお子さんが○歳になるまでにお亡くなりになったら○千万の保険がおり、また、ご自身が病気になったら1日10,000円の医療保険が支給されるんです」なんてことをよく保険のおばちゃんから聞きました。

これは、単品で加入出来る保険に特約をどんどんつけて魅力的な商品にすると共に、保険料をつり上げる巧妙な手口なのです。
(私は詐欺だと思っています。)

しかも、定期保険の部分は5年後位に保険料が倍になるので、月々の支払いが4,5万円になるなんてことがよくあります。

本当にそんなに保険が必要なんでしょうかね。

長くなるので次回から独身サラリーマンおよび結婚されて小さなお子さんがいる家庭についてどのような保険に加入したらよいかご紹介したいと思います。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
* テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー *
| BLOG TOP |

プロフィール

マネー天使

Author:マネー天使
当サイトはお金に関するちょっと得する情報を掲載しています。
マイホーム購入、教育資金、保険、年金等々これからお金に関しては情報を得た人が勝つ時代です。
当サイトの情報を有効に活用してサラリーマンのお父

人気blogランキングへ

最近のトラックバック

資産運用 お勧め書籍

FX お勧め書籍

住宅購入 お勧め書籍

株式投資 お勧め書籍

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 金持ち父さんになるために(サラリーマンでもできる資産形成・資産運用) All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。